ブログ

【エンジン装置交換】ソリック製内蔵片引型(EB09T17N) 

自動ドア ハンガーレール摩耗

自動ドアの修理事例 エンジン装置交換。

状況:開閉時の異音がひどい

原因:ハンガーレール(ベースレール)の摩耗によるもの

作業内容:自動ドアエンジン装置、内外センサー補助光線の交換

エンジン装置を設置してから15年程度経過しており、他部品も経年劣化していましたのでエンジン装置及び検出装置の交換となりました。

上の写真はハンガーレール(ベースレール)の摩耗し、波を打っています。

下の写真は交換後です、自動ドアエンジン装置はソリック製内蔵片引型 EB09T17TB(P)、検出装置は無目付センサーオプテックス製OA-215、補助光線OS-10PR(回帰反射型)

SS-2内外センサー式片引自動ドアエンジン装置交換用パッケージ価格:185,000円(税別)

自動ドア修理スタッフ|昭和ドアー販売株式会社

  • 〒253-0082 神奈川県茅ケ崎市香川4-19-24
  • フリーダイアル 0120-86-7390
  • TEL 0467-86-7390 FAX 0467-85-8082 Email autodoor@showadoor.com

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

昭和ドアー販売株式会社

〒253-0082
神奈川県茅ヶ崎市香川4-19-24
TEL 0467-86-7390 FAX 0467-85-8082
修理受付フリーダイアル 0120-86-7390
Email autodoor@showadoor.com

ページ上部へ戻る