ブログ

【エンジン装置交換工事】ソリック製自動ドア小型エンジン装置

自動ドア改修 戸袋側安全パネル

自動ドアエンジン装置交換の作業事例

状況:開閉時の異音がする、通行時に挟まれそうになる

原因:ハンガーレール、吊車の劣化。センサーの感度低下によるもの。

作業内容:自動ドアエンジン装置、検出装置の交換。及び強化ガラスドア、子扉用フロアヒンジ、ガイドレール、戸袋側衝突防止用パネルの交換

自動ドアエンジン装置はソリック製直付片引型。検出装置はドアウェイ監視機能付きの竹中エンジニアリング製DA3001、補助光線OS-10P(反射型)

下写真は作業前。作業前は戸袋側のパネルがサンドパネルですが新規パネルはアクリルが入っています。エンジン装置の見込、見附も子扉側と同じ寸法になり非常にすっきりと仕上がりました。

自動ドア交換前 昭和ドアー

 

自動ドア修理スタッフ|昭和ドアー販売株式会社

  • 〒253-0082 神奈川県茅ケ崎市香川4-19-24
  • フリーダイアル 0120-86-7390
  • TEL 0467-86-7390 FAX 0467-85-8082 Email autodoor@showadoor.com

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

昭和ドアー販売株式会社

〒253-0082
神奈川県茅ヶ崎市香川4-19-24
TEL 0467-86-7390 FAX 0467-85-8082
修理受付フリーダイアル 0120-86-7390
Email autodoor@showadoor.com

ページ上部へ戻る